目指せ!きゅきゅっと小顔美人!

少しでもいいから小顔になりたい。そんな想いから、小顔マッサージをやってみた、もしくは小顔矯正をやりたい等、小顔になるためにあれやこれやと考えたことがある方も多いのではないでしょうか。モデルや芸能人みたいなきゅっとした小さいお顔に憧れますよね。朝、鏡を見ると顔がむくんでいる、もう少しスッキリしたい!そんなことありませんか。そこで今回は、少しでも小顔に近づくための秘訣を見ていきたいと思います。

1.小顔になるための近道とは?

少しでも小顔になるために、どのようなことが出来るのでしょうか。まず、本来もつ骨格については、今すぐに自分で変えることは残念ながら難しいですね。では、自分で出来る小顔対策には、どの様なことがあるのでしょう。 それは、「むくみ」と「たるみ」対策です。お顔がむくんでいると、いつもよりもお顔が大きく感じやすくなりますね。「太っている」、「疲れて見える」、「顔がぼんやりしてしまう」、「不健康そうに見える」など様々な印象を与えてしまいます。また、たるみが生じてしまうと、お顔の面積がそのぶん広く見えてしまいます。毎朝すっきりとしたお顔を手に入れるためにケアが大切になります。そのためにもまずは原因を知らなければなりません。では、「むくみ」、「たるみ」を引き起こす原因にはどのような事があるのでしょうか?

2. 「むくみ」、「たるみ」の原因は?

では、「むくみ」と「たるみ」が起こる原因はどの様なことがあるのでしょうか。まずは食生活です。お菓子の摂り過ぎや寝る直前まで高カロリーのものを食べ、味付けも濃いものばかりを選んでしまう、塩分を多く摂っている、お酒の飲みすぎ等が挙げられますね。また、生活習慣では、深夜まで起きていて睡眠不足が続いている、スマホやPC作業で常に猫背の状態が続いている、お休みの日も運動や体を動かすこともなく、お部屋でゴロゴロしてばかり、などが挙げられます。

食生活や生活リズムの乱れ、さらには運動不足、このような毎日を過ごしているとどうなるでしょう。筋肉量や代謝も落ちていき、お顔の「むくみ」や「たるみ」を引き起こしていきます。さらに代謝が落ちるとリンパの流れも滞りやすくなります。その結果「むくみ」を引き起こしてしまいがちです。他にも、食生活や生活リズムの乱れると、ストレスも溜まりやすくなりますね。そこから歯ぎしりや食いしばりをしてしまい、そこから顎の付け根辺りのエラ部分が張ります。ここが張ってしまうことでお顔が四角く大きく見えてしまう、ということもあるようです。

「たるみ」は、頭皮が凝り固まっていることが原因となるケースが多いそうです。美容院に行き、ヘッドスパを受けた後、顔が小さくなったと感じることないでしょうか。頭皮からお顔の皮膚はつながっています。頭皮を整えることでお顔もキュッと上がり、たるみが改善されたというお声も多く聞きます。たまに取り入れていくのが良いかもしれませんね。ではここからは、少しでも小顔になるために自分で出来る「むくみ」、「たるみ」ケアを見ていきたいと思います。

3.今すぐ出来る「むくみ」「たるみ」改善ケアとは?

まずは、食生活や生活習慣の見直しが大切です。水分もしっかりと摂って、体の巡りを良くしていきましょう。そして姿勢を整えることを意識しましょう。とくに肩が内側に入って猫背になりやすい方は要注意です。反り腰にならない程度に肩を後ろに引くことを意識して、胸を開くように心がけましょう。

猫背になっている方は、背中や肩に力が入り、体が凝っているかもしれません。肩甲骨を意識して肩を回し、背中をほぐすようにしましょう。タオルの端を片方ずつ掴み、まずは腕を下から頭の上を通って背中側に下します。そして今度は背中側から頭の上を通って元の位置に戻します。このような簡単なストレッチも良いようです。

今は体をほぐすためのストレッチ方法や、お手軽な器具などもたくさんあります。ご自身に合うものを探し、試してみてはいかがでしょうか。少し面倒に思うかもしれないですが、ほぐれた後の体はずいぶん楽になると思います。寝る前の5分でもいいので挑戦してみてくださいね。その日の睡眠の質も変わるかもしれません。

また、食いしばりや歯ぎしりでエラが張ってしまう方には、顎だけを前後左右に動かすストレッチがおススメのようです。やり過ぎると痛めてしまうかもしれないので要注意です。詳しいやり方を調べてた上で少しずつ始めていきましょう。

他にも頭皮や耳の周りのマッサージも取り入れるといいですね。頭を洗う際に前頭部、側頭部、後頭部から頭頂部に向かって小さく円を描きながらほぐしていきましょう。シャンプーブラシを使うのも手軽に出来ておススメです。この時に耳回りも一緒にほぐしてあげるとより良いそうです。シャンプーの泡が耳に入らないように注意しながら行うと良いですね。

小顔になりたいのにほぐすのは顔じゃないの?と思うかもしれません。しかし、下手にお顔のマッサージをしてしまうと摩擦が生じ、お肌を傷つけてしまう可能性もあります。首、肩、背中、頭とお顔は全てつながっています。周りからしっかりとほぐすことで体全体の血流やリンパの流れも改善されます。まずはそこから始めていくことをおススメします。

4.まとめ

少しでもいいから小顔になりたい。そんな想いから、小顔マッサージをやってみた、もしくは小顔矯正をやりたい等、小顔になるためにあれやこれやと考えたことがある方も多いのではないでしょうか。モデルや芸能人みたいなきゅっとした小さいお顔に憧れますよね。朝、鏡を見ると顔がむくんでいる、もう少しスッキリしたい!そんなことありませんか。体をほぐせば小顔も手に入るなんて、まさに一石二鳥!少しでも小顔に近づくために、隙間時間を活用しながら今日から少しずつ始めてみてはいかがでしょうか!

関連記事