改善したい!あなたを悩ますその白髪。

鏡を見た時、キラリと光る1本の筋。そう、その正体は白髪。

「あれ?ここにも生えている・・・。」「あ、ここも・・・」。

見つければ見つけるほどため息をつきたくなります。出来ることなら減らしたい白髪ですが、中々手ごわい相手です。 そこで今回は、少しでも白髪改善!するためにおススメの頭皮ケアをご紹介していきたいと思います。

1.白髪のメカニズム

もともと髪の毛は生えてくる前は白く、メラニン色素が送られることで色が付き生えてきます。ところが、メラニン色素によって色がついて生えてくるはずの髪の毛が、「ストレス」や「加齢」など何らかの原因でメラニン色素の働きが低下し、色が変わらずに白いまま生えてきてしまう、これが白髪です。

もし白髪を見つけても、抜いてしまうと毛根の形が変るため、繰り返し抜いていると生えてくる毛が次第にへろへろの状態になってしまうのだそうです。そのため美容師さん曰く、もし見つけたら根本付近で切るのがおススメとのことです。

さて、白髪が生える主な原因として「ストレス」「紫外線によるダメージ」「加齢」などが挙げられますが、なぜそのメラニンの働きが低下するのか、白髪がどうしたら生えてこなくなるのかということは、じつはまだ解明されていないそうなのです。

でもこの白髪、なんとか改善したい!今出来るケアは何もないの?と思いますよね。そこでこれから生えてくる髪の毛のためにできる、おススメのケアをご紹介します。

2.白髪ケアって何するの?

白髪改善の直接的な解決法ではないかもしれませんが、頭皮の状態を今以上に良くし、毛細血管内から栄養がよりスムーズに髪へ運ばれるようケアすることが大切です。

生活していると思いのほか、頭皮は凝って固くなり、血行が良い状態を保ちにくくなります。そこでおススメなのが、頭皮マッサージやブラッシング!「当たり前のことじゃない、そんなことか!」と思うかもしれませんが、意外とできていないことが多いです。

朝起きた後やお風呂に入る前にブラッシングしていますか?ブラッシングは、頭皮の血流促進につながります。つむじから下に向かってとかすだけではなく、下からつむじに向かって逆さにブラッシングもした方がいいそうです。ブラッシングなら手軽に出来るのでそこから始めてみるのもおススメです。

またマッサージは、頭頂部やこめかみのあたりにかけて頭のコリをほぐすように行い、そのまま首筋から肩にかけて撫でおろし、老廃物を流してしまいましょう。ちょうどこめかみのあたりをグーにした指の第二関節でほぐしてあげると眼精疲労にもいいそうですよ。こめかみのあたりに生えてくる白髪は、眼精疲労が原因ともいわれているのでぜひ取り入れたいですね。

マッサージが苦手の場合は、シャンプーブラシでやってみるのも一つです。頭皮をほぐすことで、視界がハッキリして気分もスッキリ♪ また頭と顔・身体は全てつながっているので、自然とリフトアップや肩こり改善にもつながるそうなので一挙両得ですね!

もちろん美容院やサロンでヘッドスパを受けるのもおススメです。誰かにやってもらうって気持ちが良いですよね~♪たまのご褒美として、極上のリラックスをお楽しみください!

3.まとめ

見つければ見つけるほどため息をつきたくなる白髪。少しでも白髪改善するためのおススメの頭皮ケアをご紹介しました。

白髪はやはり年を重ねるごとに生えやすくなるもの。中には何もしなくても真っ黒のまま!という方もいらっしゃいますが、それでも頭皮ケアを行うことはとても大切なことです。詳しいマッサージのやり方やほぐす順序など、調べてみると情報は沢山出てくるので、取り入れやすいことからぜひ試してみてはいかがでしょう!

関連記事