もっと知りたい!プラセンタとは?

「馬プラセンタとは?」、「そもそもプラセンタって何?」、「美容に良いと聞いたことはあるけれど、詳しくは分からない」、「一体どのような働きをするの?」その様な疑問のお声をちらほらと耳にします。他のプラセンタと比べて栄養価がとても高いと言われている馬プラセンタ、これを読めばあなたも馬プラセンタの秘めた力に驚きますよ。

1.馬プラセンタとは

プラセンタは、お母さんと赤ちゃんをつなぐ胎盤のこと。つまり馬プラセンタとは、馬の胎盤のことをいいます。出産時、人間にも胎盤があるように馬にも胎盤が存在します。そしてこの胎盤は、とても重要な役割を担っています。まだ各種臓器の機能が十分に備わっていない赤ちゃんのために、呼吸・排泄・成長に必要なタンパク質の合成や有害物の解毒、ホルモンの分泌などの働きを胎盤が行います。

これだけ重要な役割を担う胎盤には、生育に必要なタンパク質・脂質・糖質の3大栄養素をはじめ、ミネラル、ビタミン、酵素、核酸、細胞分裂を促す成長因子(グロースファクター)など、多くの栄養素がぎゅっと詰め込まれています。中でもプラセンタ最大の特徴である成長因子(グロースファクター)はとても貴重な存在です。実際にどれだけの力があるのか見てみましょう。

2.プラセンタのひみつ成長因子

プラセンタの最大の特徴である成長因子(グロースファクター)とは、一体どのような働きがあるのでしょう。成長因子(グロースファクター)は細胞を刺激して細胞分裂を促す働きがあります。これにより新陳代謝が促進され新しい細胞が次々と誕生していきます。成長因子には様々な種類があり、それぞれ働きが異なり特徴があります。ではその一部をご紹介しましょう。

  • EGF:新陳代謝促進、皮膚・肺・角膜・期間上皮細胞の増殖
  • FGF:コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチン増殖
  • NGF:ホルモンバランスを整える、更年期障害、憂鬱などの防止
  • IGF:関節痛の軽減、育毛など
  • HGF:肝実質細胞など諸組織の増殖

中でもEGFは「表皮の充実」「お肌のキメが整う」、FGFは「ハリ」「ツヤ」「シワ」「お肌の透明感の改善」に役立つと言われています。これ以外にもプラセンタには沢山の免疫力を向上させる因子が含まれており、全部合わせると100種類以上もの成長因子が存在するといわれています。ただ残念ながら胎盤を通じて得た成長因子も、年齢とともに失われてしまうのです。これだけ多岐にわたる活躍を見せる成長因子は、私たちにとって必要不可欠な存在であるといえますね。

3.まとめ

プラセンタの秘めた力に驚かれたことと思います。とくに馬プラセンタは他のプラセンタと比べて栄養価がとても高いと言われているので、その力は想像以上です。

このブログでは、馬プラセンタサプリメントや美容・健康などを中心にご紹介していきたいと思います。お楽しみに!

関連記事