もしかしてわたしの肌、くすんでる!?

鏡を見た時、「あれ?なんか顔色悪い?」「お肌がくすんでる?」「明るく健康的なお肌になりたい!」「透明感が欲しい!」と感じたことありませんか?毎日の疲れやストレスなど、様々なことが原因で生じる「くすみ」。お顔がくすんでいると、気分もどんよりしてしまいます。くすみに負けないお肌作り、見ていきましょう。

1. あなたのくすみは何色のくすみ?

くすみは顔色のことだけではなく、お肌の状態のこともいうようです。「グレーがかった色」や「茶黒っぽい色」、「青白い印象」や「黄色っぽく見える」、「お肌がゴワゴワしている」など様々です。それぞれの原因と改善方法は異なりますので、より詳しく見ていきましょう。

2. くすみの原因と改善方法

ではそれぞれの「くすみ」の原因と改善方法を1つずつ見ていきます。

【グレーがかった色】
このくすみの原因は「乾燥」によるものです。「口元などが粉を吹いている」「毛穴が目立つ」「季節の変わり目や花粉の時期になるとお肌が荒れやすい」など、お肌が乾燥することでキメが乱れハリが低下し、その結果できた影によりくすんで見えるようです。

改善方法としては、やはりしっかり保湿を行うことです。とくにオフィスだと、1日中エアコンが効いていることが多いですね。そこで、日中の乾燥対策として活躍するのが、ミストタイプの保湿美容液です。香りに癒されますし、良い気分転換になります。水分だけのタイプですと、肌につけた後に蒸発してしまい、より乾燥を招いてしまいます。油分が適度に含まれているものを選ぶといいでしょう。

【茶黒っぽい色】
このくすみは、日焼けなどによる紫外線、また摩擦によって生じた「メラニン」がうまく排出されないことが原因とされています。普段の生活で「屋内外問わず日焼け止めを塗る習慣がない」「クレンジングや洗顔・スキンケアの時に肌をゴシゴシ擦っている」。お肌とこのように接していると、肌は自らを守るため、「メラニン」を生成します。生成された「メラニン」は、通常、お肌のターンオーバーで排出されます。しかし、紫外線や摩擦の影響でターンオーバーが乱れると、うまく排出されず色素沈着して、それがくすんで見えるようです。

改善方法としては、面倒かもしれないですが日焼け止めは必ず塗る、そして肌に触れる時は絶対に擦らない、この2つがポイントです。メイク用品にUV効果が含まれているものも沢山ありますが、時間が経つとどうしても崩れてしまいます。こまめにお化粧直しが出来れば良いのかもしれませんが、そうでない場合は、やはりメイク前の土台として、しっかりと日焼け止めを塗ることをおススメします。また、お肌を擦ることはなるべく避けましょう。急いでいると、つい力が入りやすくなります。「優しく、優しく」と口ずさみながら触れるのもいいかもしれません。

【青白い印象】
このくすみは「血行不良」が原因です。日頃の「運動不足」「ストレス」「冷え」「疲労」「むくみ」などにより、血流が滞り肌に充分な栄養が届かず、毛細血管が青く浮き出てくることで、くすんで見えるようです。

改善方法としては、体を冷やさないためにウォーキングなどの適度な運動で体を動かす、湯船にしっかりとつかる、体を温める食材も積極的に取り入れることが大切です。日中は、ホカロンや腹巻などを用いて対策をしましょう。「冷え」は万病のもとと言われるくらいなので、甘く見てはいけません。適度な運動や湯船につかることは、ストレス発散にもつながります。シャワーだけで済まさず、じっくりと汗をかき老廃物を排出して、体内の新陳代謝を整えていきましょう。

【黄色っぽく見える】
このくすみは「糖化」が原因です。「甘いお菓子や飲料をよく飲む」「炭水化物ばかり食べる」「朝食を食べない」などをしていると、血液中の糖質が蓄積し、それがお肌のたんぱく質と結合することでAGEs(最終糖化産物)が作られます。それによりくすんで見えるようです。

改善方法としては、血糖値が急激に上がらないような対策をとること、また適度に運動し、エネルギーに変えることが挙げられます。食事に関しては、食べる順番を野菜から始める、また甘いお菓子や飲み物は量を抑えることがいいでしょう。カフェオレやジュースは美味しいので飲みたくなりますが、太る原因にもなります。これを機に、毎日飲んでいるなら2日に1回にしてみる、1日に何度も飲んでいるなら回数を減らすなど、少しずつ始めてみてはいかがでしょうか。また炭水化物の過剰摂取も要注意です。炭水化物はエネルギー源になるので全く摂らないことは良くないですが、過剰も良くないので気を付けましょう。

【肌がゴワゴワしている】
このくすみは「角質」が原因です。年齢を重ねるごとに、お肌のターンオーバーのサイクルは遅くなります。しかし年齢だけではありません。疲れや睡眠も影響します。とくに注意したいのが「睡眠の質」です。夜遅くまでスマホを触っていませんか?寝る前のブルーライトは、睡眠の質の低下につながります。睡眠が充分にとれないと、お肌の水分量も低下し、乾燥が加速してしまうようです。このように過ごしていると、ターンオーバーは乱れ、本来はがれるべき角質が残り厚くなることにより、くすんで見えるようです。

改善方法としては、やはり睡眠の質の向上、またバランスの良い食事、定期的に角質ケアを行うことです。睡眠の質を向上するためには、湯船につかることや適度な運動がおススメです。寝る前のスマホを控えることも効果的ですね。また、定期的に角質ケアも行うと良いでしょう。ただし、やりすぎは禁物です。角質ケアを行った後は、いつもよりしっかりと保湿をしてあげましょう。

3.まとめ

鏡を見た時、「あれ?なんか顔色悪い?」「お肌がくすんでる?」「明るく健康的なお肌になりたい!」「透明感が欲しい!」と感じたことありませんか?毎日の疲れやストレスなど、様々なことが原因で生じる「くすみ」。お顔がくすんでいると、気分もどんよりしてしまいます。一刻も早く「くすみ」なんて吹き飛ばしてしまいましょう!

関連記事