あご周りのたるみ対策。リフトアップのカギを探る。

「なんだか最近、フェイスラインのもたつきが気になるの・・」そんなお声を耳にしました。年齢とともに、少しずつお顔にも変化が出てきます。気になり始めてから慌ててケアするのではなく、できれば事前にケアを始めるとその分だけ予防につながります。では一体どんなケアを行うといいのでしょうか。

1. たるみの原因とは?

たるみといっても原因は1つではありません。おそらく思い浮かべることは、お肌の「コラーゲン」や「エラスチン」が年齢とともに減少し、そのためハリや弾力が保ちにくくなり、たるみにつながるということと思います。

しかし、これだけではありません。 他にも「表情筋や舌の筋力低下」や「偏った食事」、「むくみ」など様々なことが挙げられます。中でも「姿勢のくずれ」は想像以上にたるみに影響を与えるようです。とくに気をつけたいのは「猫背」です。「猫背」になると、胸が縮み、顔が下に引っ張られてしまい、この「姿勢くずれ」がたるみにつながります。また頭や背面の「コリ」もたるみの原因となるのです。

「コラーゲン」や「エラスチン」の減少は、年齢とともに・・・というのはもちろんありますが、「偏った食事」も影響してしまいす。良い皮膚を保ち、「コラーゲン」・「エラスチン」を生成し、また新陳代謝も促すためにも食事はとても重要になります。バランス良く栄養を補充していきたいですね。

2. 叶うなら今すぐリフトアップ!ケア方法は?

では実際に今すぐにできるケアとして、どのようなことがあるのか見ていきたいと思います。

生活習慣においては、まずはやっぱり「姿勢」です。前述のとおり、猫背はたるみの原因になります。気を緩めると姿勢はすぐに崩れてしまいますね。意識して骨盤を立てるように、腰と背筋をぴっと伸ばすようにしましょう。またスマホや本などを見るときは、なるべく目線の高さで見るようにするのがおススメです。

すぐに出来ることとしては、頭皮や背面、お顔のコリをほぐすことが挙げられます。頭皮は、髪の毛の生え際から上に向かって、指で円を描きながら動かしてみてください。そして今度はこぶしか手首から親指の付け根のあたりを使って、こめかみ周辺をほぐしてみましょう。最後は、耳の上のくぼんでいるところに親指を当てて回しながら片側ずつほぐします。

背面のコリは、首の後ろ側や肩、肩甲骨まわりをほぐすようにしましょう。またお顔のコリは、噛むときによく使う咬筋をほぐしましょう。ここがほぐれるとお顔の印象が変わるようです。拳をあてて少しずつゆっくりと動かしながらほぐしてみましょう。ただし擦らないように注意が必要です。擦ると摩擦が生じお肌を痛めてしまうので気を付けましょう。

コリがほぐれると、血流が上がりむくみの解消にもつながるので、より顔が引き締まりやすくなりそうですね。

3. まとめ

「なんだか最近、フェイスラインのもたつきが気になるの・・」そんなお声を耳にしました。年齢とともに、少しずつお顔にも変化が出てきます。たるみケアといっても、お顔だけではなく、首や背中などのケアも大事なことが分かりました。さらに隙間時間で出来そうなことも沢山ありましたね。もうブルドッグ顔なんて言わせない!ハート型フェイスになって、輝きましょう!

関連記事